石川県小松市の法律事務所 弁護士 山上充之

お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ
Tel.0761-21-2525

個人再生借金を減らして財産を守る

個人再生 目次

1.個人再生について

個人再生イメージ

住宅等の資産を処分されずに借金を大きく減額するものです。

利用条件としては、住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下で今後も安定した収入があることです。

具体的には、下記の項目が減額可能とされています。

  • 住宅ローン以外の借金が100万円未満の場合はその額まで

  • 100万円以上500万円以下の場合は最大100万円まで

  • 500万円を超え1500万円未満の場合は最大5分の1まで

  • 1500万円以上3000万円以下の場合は最大300万円まで

  • 3000万円を超え5000万円以下の場合は最大10分の1まで

個人再生の場合には、このようにして減額された借金を、原則として3年以内に分割で支払っていくことになります。

この支払期間は、特別の事情がある場合には、5年まで延長されます。

これに対して住宅ローンの債権は、個人再生手続をしても減額はされません。

ただし、返済期間の延長をしてもらえる場合があります。

ページトップへ戻る

2.個人再生の手続きの種類

ページトップへ戻る

3.個人再生のメリット

  • 負債の原因がギャンブルや浪費であったとしても問題ない

  • 住宅ローン特約条項を利用することにより、自宅を手放すことなくその他の債務を減額することが可能

  • 借金が大幅に減る

  • 自己破産のような、資格制限がない

  • 弁護士に依頼したその時点で返済が止まり、業者の取立行為が禁止される (返済資金として一定額の積み立ては必要)

  • 過払い金の返還請求もあわせて行うことが可能

ページトップへ戻る

4.個人再生をする前に知っておいてほしいこと

笑顔イメージ

  • 3年から5年にわたる長期間の弁済が必要

  • 幾ら本人が望んでも、裁判所の方で返済が不可能と判断した場合には再生計画案は認可されない

  • 破産の場合より多くの返済をしなければならない

  • 幾ら本人が望んでも、裁判所の方で返済が不可能と判断した場合には再生計画案は認可されない

ページトップへ戻る

5.個人再生の流れ

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る
Copyright(C) 山上綜合法律事務所2019 All Rights Reserved.