借金問題・過払い金請求

借金問題・過払い金請求

借金の返済でお困りですか?

借金の問題を解決するには、弁護士に依頼をして『債務整理』をすることが有効です。
債務整理には、「過払金請求」「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があります。
借金でお困りと言っても、様々な状況が考えられます。
借金が多くなりすぎて返済できないのでとにかく借金から解放されたいという方、利息を減らしてもらえれば分割で返済していくことはできるという方、
借金は減らしたいが何とか持ち家は残したいという方、借金の返済は終わったが払いすぎだったのではないかと思われている方など、お客様ごとにお悩みの内容は異なります。
山上綜合法律事務所では、弁護士が豊富な実績に基づき、お客様の状況やご要望に応じて、最善の債務整理の方法をご提案し、
お客様の納得できる解決に至るまで、責任をもって代理人として活動いたします。
借金問題でお困りのことがございましたら、ぜひ山上綜合法律事務所にご相談ください。
Better Call Yamagami !

任意再生

任意整理とは、裁判所を通さずに、弁護士が直接債権者(消費者金融やクレジット会社のような貸金業者)と交渉・和解して、一括または分割で返済する方法です。
分割返済は、おおむね3年程度を目安としますが、事情によりそれより長い期間の分割にすることもあります。業者との交渉にあたっては、業者の請求している金額を利息制限法に引き直して、法律的に支払うべき金額を基準に交渉します。
分割払いの場合でも、将来利息をカットする事ができることもあります。
もしも、過払い金が発生している場合は過払い金返還請求をすることもできます。

個人再生

住宅等の資産を処分されずに借金を大きく減額するものです。
利用条件としては、住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下で今後も安定した収入があることです。

自己破産

自己破産とは、簡単に言うと、「借金をなくす制度」のことです。
返しきれない程度まで膨れ上がった借金があり、その返済の目途がまったく立たないような場合、これを裁判所に申し立てて、借金の返済を免除してもらうというものです。
自己破産をすると生活するために必要最低限の財産以外は換価され、失うこととなりますので、債務整理(任意整理・特定調停・個人民事再生手続き・自己破産など)のうちの最終手段的な存在となっています。このように自己破産は、「債務者の経済的更生」を支援し、「新しい生活」を始めるための、最後の手段であり、日本国民誰もが持っている権利でもあるのです。

PAGE TOP