交通事故

交通事故について

交通事故に関する悩みや疑問をお持ちの方は、まず弁護士にご相談ください。

弁護士イラスト保険会社の示談提案額と裁判所での判決の金額は全く違います。
保険会社の提案額に不満のある方は、山上綜合法律事務所までご相談ください。

交通事故問題の解決で山上綜合法律事務所が支持される理由

豊富な相談実績
高度な専門性
事故直後から示談交渉中までのご相談に対応
事故直後から後遺障害等級認定のサポート

相談風景イラスト

交通事故の損害賠償3つのポイント

消滅時効に注意しましょう!

交通事故による損害賠償請求権は、「損害及び加害者を知ったとき」から原則として3年で消滅時効にかかり、それ以降は1円も請求することができなくなります。「損害及び加害者を知ったとき」とは、一般的には、事故時となりますが、後遺障害が生じる場合には症状固定時となります(「症状固定」とは、医学上一般に認められた治療を行っても、怪我の症状の回復・改善が期待できなくなった状態をいいます)。

治療費の打ち切りに注意しましょう!

病院イラスト通常、交通事故では被害者の治療期間が長くなればなるほど賠償 金額が大きくなります。そのため支払いを行う保険会社は、でき るだけ治療期間を短くしたいと考えています。事案によっては、 被害者本人がまだ通院を続けたいと思っているのに、保険会社から強引に治療の打ち切りを求められる場合もあります。医師が症状固定の診断をする前に、保険会社側から「そろそろ治療を中止して、示談の話し合いをさせてください」と言われた場合は、注意が必要です。

消滅時効に注意しましょう!

一般的に、怪我の治療が終了した後に、加害者側の保険会社から示談案として具体的な賠償金額が提示されます。 交通事故の賠償金算定基準は、大きく分けて

  1. 自賠責基準
  2. 損害保険基準
  3. 裁判基準

の3つがあり、通常①→②→③の順に賠償金額が大きくなります。 保険会社が示談交渉で提示してくる金額は、②に基づいて算出されたものです。 特に②と③の金額に大きな差がある事案などでは、保険会社から提示された金額で示談してしまうと、結果として法的に妥当な賠償金が受け取れないということが起こるのです。 保険会社が作成した示談書にサインする前に、弁護士に相談をして、保険会社の提示額が適正・妥当なものかどうかを検討することをおすすめします。

交通事故の解決方法

1.示談(話し合いでの解決)
2.調停
3.訴訟
4.交通事故紛争処理センター
5.弁護士会による示談あっせん

 

交通事故事件の処理に必要となる各種書類について

事故の発生状況に関するもの事故イラスト

  1. 交通事故証明書
  2. 実況見分調書
  3. 事故発生状況報告書

損害賠償の内容に関するもの事故イラスト

  1. 診断書・診療報酬明細書
  2. 通院交通費明細書
  3. 後遺障害診断書
  4. 後遺障害等級認定票
  5. 休業損害証明書・源泉徴収票、賞与減額証明書
  6. 各種意見書
  7. その他各種領収証等

解決までの流れ

訴訟前の交渉段階での和解
病院での治療(入院・通院)
症状固定
後遺障害等級認定申請
保険会社との示談交渉
交渉決裂の場合は調停又は訴訟
示談の成立・和解又は判決
賠償金の受け取り
PAGE TOP